ハーバルメディスン・セルフケアコース

●オンラインまたは対面
●どなたでもご受講いただけます。

自然の摂理や植物から学べる植物療法はHerbal Medicineの他にはないオリジナルレッスンです。
植物、人、宇宙をつながりで捉え、植物の多様な力を感じる事や自然界との
関係性を深めることができます。

植物の恩恵であるアロマ、ハーブ、フラワーエッセンスという植物療法3本柱の
それぞれの強みを日常に活かし、自分と家族を守る手立てを身につけましょう。
自分が何にストレスを感じているのかについてや、感情を見つめる事も大切に、
自分自身の気づきを促しながら、植物療法を行っていくことができます。
ストレスから生じる様々な症状に応じたセルフケアの実践が行えます。

こんな人におすすめ

  • 植物療法でストレスケアを行いたい方。   
  • 植物療法のセルフケアを身につけたい方。
  • 植物療法の原料である植物から知りたい方。
  • アロマ・ハーブ・フラワーエッセンスを座学だけの勉強ではなく体感で学びたい方。
  • 植物と人間と宇宙の関係性について知りたい方。
  • 自然界への畏敬の念をもてる思想と哲学を深めたい方

※お好きなモジュールをお選びいただき受講できます


モジュール1:自然のしくみと秩序

●2.5時間×4回 40,000円

私たちの命をつなぐ、植物や自然についての理解を深めます。
自然界の一部である人間の理解、植物、人間、宇宙の関係など、アロマ・ハーブ・フラワーエッセンスをより理解するためのレッスンです。

内容

  • medicineとは?
  • 植物の背景にあるもの
  • As above,So below(天にあるがごとき地にもある)
  • なぜ植物観察が重要なのか?
  • 薬にならない草はない、薬はその医者の中で花開く
  • 共鳴作用
  • 地球の進化の歴史
  • 宇宙と自然(海と森)と植物のつながり
  • 人と自然と持続可能性・季節とは?
  • 太陽のレムニスケート
  • 月相とハーバルライフ
  • 植物と私たちの細胞の共通性
  • 植物の光合成と私たちの命
  • 植物の恩恵
  • 植物にとっての香りの役割
  • 人間の三分節と植物の関係
  • 自然界の三原理

モジュール2:アロマでセルフケア

●2.5時間×4回 40,000円
+精油キット6,000円15種の精油

アロマテラピーの基本を学びながら、香りの強みを用い、セルフケアを行える手立てを学びます。

内容

  • アロマテラピーとは?
  • 精油とは?
  • 精油の抽出方法
  • 精油の活用の仕方
  • 精油の特徴・精油選びのポイント
  • 保管方法
  • セルフトリートメント
  • ブレンドオイルの作り方
  • 香りの脳への伝わり方
  • ストレスを見つめるワーク
  • ハーバルライフと香り
  • 香りでインナーワーク
  • 15種類の精油の各論

学ぶ精油

ラベンダー・アングスティフォリア・ゼラニウム・エジプト・ホーウッド・ベルガモット・イランイラン・パルマローザ・オレンジ・スィート・ローズマリー・シネオール・レモングラス・レモン・グレープフルーツ・マンダリン・ペパーミント・ユーカリ・ラディアタ・シナモン・カッシア


モジュール3:ハーブでセルフケア

●2.5時間×4回 40,000円+ドライハーブ12種3000円

五感を刺激しながら、ハーブでのセルフケアを学びます。

内容

  • ハーブとは?
  • ハーブティーのおいしい入れ方
  • ハーブの活用(浸剤、煎剤、浴剤、チンキ、浸出油、軟膏、吸入法、パック、温湿布)
  • ハーブの主な作用
  • ストレスを見つめるワーク
  • ハーバルライフとブレンドティー
  • 五感で感じるティーのテイスティング
  • ティー瞑想

ブルーマロウ・エキナセア・ホーリーバジル・エルダーフラワー・ジャーマンカモミール・ローズヒップ・セントジョンズワート・ハイビスカス・ネトル・マルベリー・パッションフラワー・ペパーミント

実習

  • ハーブティーの入れ方
  • フェイシャルスチーム・ハーバルバス・温湿布
  • 浸出油、チンキつくり、入浴剤つくり、軟膏つくり

モジュール4:植物から学ぶバッチフラワーレメディ

●2.5時間×6回 60,000円
●調合ボトル2本、調合ボトル郵送代含む、
●個人セッション50分付き
●「写真でたどるバッチフラワー 内なるエッセンス ジュリアン・バーナード/飯島真奈美訳」も副教材として用います。3,300円。ご自身でご用意ください。

感情面に働きかけるフラワーレメディーを学びます。ご自身に必要なレメディを選択できるようになります。

内容

  • フラワーエッセンスとは?
  • バッチフラワーレメディーとは?
  • バッチ博士について
  • エネルギーの解剖学
  • フラワーエッセンスの作られ方
  • レメディーの使い方
  • 12ヒーラー(自分の個性の花を開かせる)
  • 7ヘルパー(環境からのパターンを手放す)
  • セカンド19(魂の成長と変容)
  • レメディの組み合わせについて
  • ストレスを見つめるワーク
  • 気分と疲労のチェックリスト
  • 植物から学ぶ38種類のレメディ各論
  • カウンセリングについて
  • ケーススタディ

バッチフラワー・レメディー植物観察会

植物・自然とのかかわりを深めるために、終了後オプションでフラワーエッセンスのレメディの近縁種の植物観察会を年間を通じて行います。
インパチェンス(ツリフネソウ)・アグリモニー(キンミズヒキ)・ハニーサックル(スイカズラ)・トチノキ(チェストナット)・スィートチェストナット(クリ)・スターオブベツレヘム・クレマティス(センニンソウ、ボタンズル)・ヴァーヴェイン(クマツヅラ)など。

フラワーエッセンス作り

バッチ博士は、「あらゆることが自分ででき、望めば植物を見つけてレメディをつくることさえ、自分でできる」と述べています。年間を通じて、1つの植物との交感をし、フラワーエッセンス作りを体験することも可能です。まずは上記植物観察会に積極的にご参加ください。


モジュール5:植物療法のまとめとセルフケアの実践

●3時間×8回 80,000円

①美しいお肌のための植物療法
②免疫を高めるための植物療法
③心地よい睡眠のための植物療法
④肩こり・腰痛の緩和のための植物療法
⑤消化器系を整えるための植物療法
⑥女性のための植物療法
⑦生活習慣病予防のための植物療法
⑧むくみや冷えのための植物療法


※モジュール1~5を終了された方に修了証を発行いたします。
※モジュール2はNARD JAPAN認定アロマ・アドバイザー以上、またそれに準ずる資格をお持ちの方は免除。
※モジュール3はJAMHA認定ハーブコーディネーター、ハーバルセラピスト以上、またそれに準ずる資格をお持ちの方は免除。
※NARD JAPAN認定アロマ・アドバイザー以上、JAMHA認定ハーバルセラピスト以上の資格をお持ちの方で、Herbal Medicine認定ハーバルメディスン・アドバイザーコースの修了者は、Herbal Medicine認定ハーバル・メディスンインストラクターコースの受講資格が得られ、試験に合格されますとハーバルメディスン・セルフケアコースを教える講師の資格が得られます。

PAGE TOP