エキナセアチンキ作り

メディカルハーブコーディネーター養成講座 2回目。

ハーブのはじめの一歩の講座ですが、とても楽しみながら学べます。

座学は、ハーブにはどういう成分が含まれていて、どのように機能が発揮されるのか、代表的な働きをみていきました。

各論は、ダンディライオン、ネトル、ハイビスカス、パッションフラワー、ペパーミント。たいていのハーブは、庭に植えてあるので、イメージしやすいかと思います。

実習は、エキナセアのチンキ、カレンデュラの浸出油。チンキも浸出油も、ドライハーブではなく、フレッシュハーブを使った方がいいものがあります。

エキナセア

アルコールの濃度などもそれぞれハーブに応じて色々です。なかなか、フレッシュハーブは手に入りにくいと思いますが、今回は旬のハーブを贅沢に使わせていただきました。

カレンデュラの浸出油

生きた植物から伝わってくる情報はたくさん。

エキナセア、とても香りが良いですよ!私達の生命力も賦活してくれるよう。

ラベンダー摘みもしていただき、エキナセアもお土産に。今回もありがとうございます!

ラベンダー摘み

JAMHA認定ハーバルセラピストコース 9月16日から開講。残席1名様。
JAMHA認定ハーバルセラピスト (herbal-m.jp)

土屋いづみ

植物療法家
植物の色、形、姿、支配星から、植物の本質的な力を観る探究をしています。四大元素と植物観察、里山薬草学、植物形態学、アロマ、ハーブ、フラワーエッセンスをお伝えしています。元理学療法士。地域の中核病院にて「緑のセルフケアルーム(植物療法のヘルスケア)」、整形外科クリニックにてアロマの施術もしています。
日々のレッスンの様子は、インスタとFacebookをチェックくださいね。

関連記事

PAGE TOP