里山薬草学 第3期 本当の薬草使いとは?

里山薬草学 月曜日コース2回目。

本日の各論は、アカメガシワ、ヤブカンゾウ、アマチャズル。

ヤブカンゾウ

いずれも、近くに自生する植物。雨の様子を見ながら、フィールドへ。

ヤマジノホトトギス、ゲンノショウコの花が咲き始めました。

ヤマジノホトトギス

コウゾの実や、アマチャズルをかじって、味見。

コウゾ

実習は、アカメガシワの樹皮や、葉の採取の仕方をお伝えし、お持ち帰りいただきました。

アカメガシワ 樹皮むき

観察実習は、高度なツユクサ。

ふたごのツユクサ

まず基本の植物の構造を学び、ツユクサの構造を考察。

なぜ、里山薬草学で形態学を重要視するか。

それは、こちらの講座の目的は、自生の薬草について知ったり、フィールドの薬草を覚えたり、活用を知ったりというのが、一番の目的ではなく、一年間、植物と季節をめぐりながら、小さな宇宙をしっかりと観て、自然界への畏敬の念や、植物への配慮を思い出し、自然界との関係性を深めるというのが、背景にあるから。

ただの田舎暮らしで、身の回りに薬草もたくさんあって、どんどん採取して活用ができればいいというのとは、反対のことを学ぶため。まだ始まったばかりのクラス。

真の薬草使いとは?

これから少しずつ。

9月1日から里山薬草学開講いたします。1年間里山の薬草を勉強します。
9月開講 里山薬草学 対面レッスン   | ハーバルメディスン|Herbal Medicine|植物療法|広島県広島市 (herbal-m.jp)

土屋いづみ

植物療法家
植物の色、形、姿、支配星から、植物の本質的な力を観る探究をしています。四大元素と植物観察、里山薬草学、植物形態学、アロマ、ハーブ、フラワーエッセンスをお伝えしています。元理学療法士。地域の中核病院にて「緑のセルフケアルーム(植物療法のヘルスケア)」、整形外科クリニックにてアロマの施術もしています。
日々のレッスンの様子は、インスタとFacebookをチェックくださいね。

関連記事

PAGE TOP