里山薬草学 第2期 ヤブカンゾウのメタモルフォーゼ

里山薬草学 第2期 水曜日クラス。

梅雨明けしましたが、講座の直前は雷と雨。

講座中には晴れ、フィールドへ行けました。

フィールドへ

各論は、アカメガシワ、アマチャズル、ヤブカンゾウ。

アカメガシワの葉の形かわいいですね。

私が以前所属していた大学院の研究室の先生が、アカメガシワの抗酸化性の論文を出しています。 非常に機能性の高いアカメガシワ。

アカメガシワ

この時期は、樹皮も活用しやすく、樹皮、葉のお茶を飲み比べていただきました。 飲みやすく美味しいです。

アカメガシワの樹皮のお茶

アカメガシワは、都会にも勇ましく生えている身近な樹木です。

アカメガシワの樹皮

植物の基本構造の確認をして形態観察も。 他クラスではツユクサを観察しましたが、 ツユクサは、正午には花を閉じてしまうので、午後クラスの方は宿題。

ヤブカンゾウの花のメタモルフォーゼの観察を皆としました。 とても楽しかったです。

ヤブカンゾウのメタモルフォーゼ

今回もありがとうございました。



9月1日開講 里山薬草学 残席1名。
https://herbal-m.jp/news/satoyama-yakusougaku/

土屋いづみ

植物療法家
植物の色、形、姿、支配星から、植物の本質的な力を観る探究をしています。四大元素と植物観察、里山薬草学、植物形態学、アロマ、ハーブ、フラワーエッセンスをお伝えしています。元理学療法士。地域の中核病院にて「緑のセルフケアルーム(植物療法のヘルスケア)」、整形外科クリニックにてアロマの施術もしています。
日々のレッスンの様子は、インスタとFacebookをチェックくださいね。

関連記事

PAGE TOP