ハーバルメディスンリトリート 植物の色と過ごす

今月2回目のハーバルメディスンリトリート。

お二人にご参加いただきゆったりお過ごしいただきました。

まずは地球のお庭と里山の薬草の散策。

今回、地球のお庭や周辺の里山の薬草を散策し、お二人に響きあった植物は「チコリ」と「ミゾソバ」。

チコリ
ミゾソバ

スケッチをして、しばらく観察を。

お二人とも、流れでプログラムの中で花の色を体験することになりました。

柔軟なプログラムにしており、毎回参加者さんによって何をするか違います。

皆さまの目の前の植物と一緒に「そうしてみたい」という感覚を大事にしています。

チコリもミゾソバも、確かにその花の色に植物の特質をみることができます。パステルを使い、その花の色の中へと溶け込んでいきました。

このワーク、とても良くて、お二人が植物と一体化していくのがわかりましたし、とても重要な気づきにつながっていきました。

今回も、ほんと素敵な時間を共有でき、幸せでした。ありがとうございます。

土屋いづみ

植物療法家
植物の色、形、姿、支配星から、植物の本質的な力を観る探究をしています。四大元素と植物観察、里山薬草学、植物形態学、アロマ、ハーブ、フラワーエッセンスをお伝えしています。元理学療法士。地域の中核病院にて「緑のセルフケアルーム(植物療法のヘルスケア)」、整形外科クリニックにてアロマの施術もしています。
日々のレッスンの様子は、インスタとFacebookをチェックくださいね。

関連記事

PAGE TOP