「セツブンソウ」植物観察スタート

今年も植物観察がスタート。トップバッターはセツブンソウ。毎年、キンポウゲ科の植物から観察します。

セツブンソウ

春をつげるスプリングエフェメラルと呼ばれる植物。 とてもかわいらしい小さなお花です。

セツブンソウ

セツブンソウが好む環境や場所を確認したく、庄原の自生地に行きました。

セツブンソウ

まだ雪が山裾や日陰には残り、雪の下となっていてまだ咲いていない場所も多いです。 日当たりの良い場所のセツブンソウを観察しました。

セツブンソウ

花弁に見えるのは萼片。花弁は退化して黄色の蜜腺に。 二又に分かれて、底に蜜があります。 多数の雄蕊。雌しべはマゼンタ色で 2から5本。 萼片はま5枚が基本ですが、6枚以上のものもたくさんあります。

セツブンソウ

虫媒花でもあり風媒花でもあるそう。 早春で虫が少ないから用意周到なのですかね。

セツブンソウ

これから、キンポウゲ科のフクジュソウ、オウレン、ユキワリイチゲなどの植物たちも見に行かなきゃです。

土屋いづみ

植物療法家。夫と猫4匹と里山で暮らし。
植物の色、形、姿、ふるまいなどの観察から植物の薬効や本質的な力を観る探究をしています。里山に生えている植物や、地球のお庭と名付けた畑で植物を観察しながら、四大元素と植物観察、里山薬草学、植物から学ぶフラワーエッセンス講座などをお伝えしています。
日々のレッスンの様子は、インスタとFacebookをチェックくださいね。

関連記事

PAGE TOP